あなろぐ新米駐在妻inボストン

新米主婦、新米駐在妻の海外生活準備や現地のこと。まだ渡米していないので日々の暮らしが中心。

パスポートの改姓、住所変更の手続きをしてきました

駐在準備にあたって、まずはパスポートの変更手続きをしなくては、ということで、パスポートの改姓と住所変更の手続きをしてきました。

これだけでもなかなか大変だったので書いてみようと思います。

f:id:natinati24:20190124153434j:plain

 

 

1事前準備

変更の手続きをするにはまず役所で戸籍謄本または戸籍抄本をもらってくる必要があります。

また、パスポート用の写真、有効なパスポートも必要です。

こんなことも知らないのかと思われてしまいそうですが、私はそのまま申請に行ってしまいそうになりました。笑

パスポートセンターは別の場所にあるので、事前に市役所に行って戸籍謄本をもらってきて、さらにスピード写真が撮れるところを探し申請に行ってきました。

以前は車を持っていたのですが結婚を機に都内に引っ越し手放してしまったので3か所行くというだけでもなかなか辛かったです。

また、実際にパスポートセンターに行ってみると写真屋さんが横にあったのでここで撮れたじゃん、と思いました。笑

 

2申請

パスポートの変更手続きを行える場所はパスポートセンターというところです。

市役所などでは行えませんので注意が必要です。(あくまで私の地域では、ですが)

地図がうまく読めない私としては、センターにたどり着くまでが一苦労でした。笑

パスポートセンターは都内に何か所かあり、私の場合は東京都庁に行ってきました。

驚いたことは、平日なのに新宿は人だらけ!笑

人を避けつつ西口にたどり着きひたすらまっすぐ歩いて…都庁は建物が大きくて特徴的なので目印にしながら歩いていきました。都庁の案内標識?のようなものもありました。

申請の場所ですが、都庁の都民広場の地下にありました。

まずそこで一般旅券発給申請書を記入します。

特に難しい記入はありませんでしたが本人以外の緊急の電話番号を書く欄もあったので事前に控えておくといいかもしれません。

記入出来たら行列に並んで、受付の方に必要書類を渡すと番号が書いた紙を渡され、呼ばれるまで待つように言われます。そして窓口で手続きや受取について説明を聞いて受取時に必要な書類を受け取り終了、という流れでした。

申請の窓口、平日の昼過ぎにも関わらず、10人ほど並んでました。

あとは受付の方々がすごいスピードで人々を捌いていくのでその流れについていけるか焦りました。

全体にかかった時間は並ぶ時間含めて30分くらい。思ったよりすぐに終わってよかったです。

 

3受け取り

受け取りまでには休日を除いて6日かかります。

受け取り時に必要なものは変更にかかる費用と申請時に渡された用紙でした。

変更の費用は私の場合16000円でした。

費用については新しく作り直すか、有効期限はそのままで変更だけしてもらうかで変わってくるようです。

私は駐在の期間がどのくらいになるかわからないため作り直しを選択しました。

受け取りの窓口は申請の窓口の反対側にありました。

入ってすぐに手数料を支払う場所がありましたのでそこで現金を払うと収入印紙を貼りつけてもらえました。

そのまま案内に従って名前が呼ばれるまで待ち、情報の確認をして、ICにもきちんと情報が反映されているかが画面に表示されるので確認し受け取り、終了です。

 

 

4まとめ

 意外と必要なものを揃えるのが大変でしたので時間がかかりました。

また、都庁に初めて足を踏み入れたので少しドキドキしてしまいました。

手続きが得意でないのでこれだけでも達成感。笑

一歩一歩進めていこうと思います。